ユニークなインテリア掛け時計、置時計と、ステンドグラスランプ、ベネチアングラスランプを欧米から直輸入 
Home お支払いとお届け 特定商品に基づく表示 アクセス お問い合わせ

時計とランプの豆知識

時計とランプの専門店
トップページ
> 時計とランプの豆知識
このページをYahoo!ブックマークに登録このページをYahoo!ブックマークに登録

- トップページ -


- 商品カタログページ -
  ├インテリア掛け時計
  ├インテリア置時計
  ├テーブルランプ
  ├シーリングランプ
  ├フロアランプ
  └輸入インテリア小物
  ・カテゴリごとの商品一覧

CATEGORY MENU
掛け時計 インテリア掛け時計
ベネチアングラス掛け時計
インテリアデザイン掛け時計
グラスデザイン掛け時計
■掛け時計・価格から探す

0円〜8,000円
8,001円〜10,000円
10,001円〜15,000円
15,001円〜20,000円
20,001円〜30,000円
30,001円〜50,000円

置時計 インテリア置時計
ベネチアングラス置時計
インテリアデザイン置時計
グラスデザイン置時計
■置時計・価格から探す

3,001円〜5,000円
5,001円〜8,000円
8,001円〜10,000円
10,001円〜35,000円

ベネチアングラスランプ 照明
テーブルランプ 卓上ランプ
テーブルランプ 卓上ランプ
テーブルランプ 卓上ランプ
テーブルランプ 卓上ランプ
テーブルランプ 卓上ランプ
シーリングランプ 照明
シャンデリア 照明
ブラケット 照明
ブラケット 照明fc-w634gy
ブラケット 照明fc-ww837g
ブラケット 照明fc-w10ay
ブラケット 照明fc-w10ay
ステンドグラスランプ
ティファニーテーブルランプ
ティファニーシーリングランプ
ティファニーブラケットランプ
ティファニーフロアランプ
琉球ガラスランプ
琉球ガラスシーリングランプ
琉球ガラステーブルランプ
インテリアランプ
陶磁器製テーブルランプ
リトアニア製ランプハウス
キャンドルランプハウス
輸入インテリア小物
写真立て
プレート Plate
花瓶 Flowervase
お香立て

ランパデールへようこそ♪
商品についてのご質問や
ご希望などはお気軽に
お問い合わせください!
ランパデールへようこそ!
●お問い合わせ
Email24時間受付中
info@lampadaire.me
TEL 075-351-2509
AM11:00〜PM7:00
水曜日定休日
ランパデール店長挨拶
時計とランプQ&A
時計とランプの豆知識
ラッピング、のしについて
店長おススメ商品
セール特集
- お荷物検索 -
クロネコヤマト宅急便お荷物検索

ランパデールは京都で創業百有余年の歴史を誇る鏡専門店、岡本鏡店の姉妹店です。
室内装飾用鏡専門店
岡 本 鏡 店へここをクリック

- 営業日カレンダ -
▼ 2017年12月 ▼
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27282930
31
▼ 2018年1月 ▼
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 25 26
27 28 29 3031
色の日は休業日です。
休業中もご注文は承りますが、返信は翌営業日以降になりますので予めご了承下さい。
時計とランプ専門店
ランパデール
京都市下京区寺町通四条下る
075-351-2509
info@lampadaire.me
毎週水曜定休

豆知識


ベネチアングラス編



■ベネチアの歴史

ベネチアという名前は少数民族であるベネト族から

由来しています。

375年からのヨーロッパにおける民族大移動のあおりを

受け、内陸部に住んでいたベネト族は安全なラグーナ

(潟)に逃げ込みます。

劣悪な条件下のラグーナには敵も攻め込む手立てがなく、

ベネト族はそこに住み着くことを決意します。

大小様々な島や、ラグーナに丸太の杭を打ち込み、

それを土台に町造りをし、やがてベネチア共和国として

国家を建設します。

ベネチア共和国はアドリア海に面していて海上貿易の

拠点となっていました。

また内陸部のフランク王国とも交易があり、国は大いに

栄えます。

その後、紆余曲折を経て1797年フランスの英雄

ナポレオンの侵略により滅亡します。

滅亡後はオーストリア領になったりイタリア領になったり、

独立したりしましたが、1866年にイタリアに編入し

現在に至っています。



◆ベネチアングラス(ムラーノグラス)



ムラーノグラスはベネチアングラスの代名詞で、世界のガラス工芸のメッカ「ムラーノ島」に由来します。

ムラーノ島はベネチア本島の沖合いに浮かぶ小さな島で本島からは乗り合い船「バポレット」でおよそ30分ほど。

ムラーノグラスの歴史は古く、12世紀頃まで遡ることができ、当時非常に高価なガラスの製造技術秘匿のため、

ベネチア共和国がガラス職人をムラーノ島に隔離したため独自の発展を遂げたのです。ガラス職人達はとても

優遇されたようですが、島抜けは厳罰に処せられました。


今ではすっかりイタリア観光の一名所になり島内にはギャラリーやみやげ物店が散在しています。

◆フュージング技法とは

フュージング技法とは簡単に言えば、ガラスの上に色ガラスや細かいパウダーガラスなどをのせて熱で融合させる技術です。

このときに重要なのはガラスの膨張率を合わせなければなりません。

もし膨張率が合っていないとヒビが入ったり割れたりします。ベネチアングラスにもフュージング技法で

作られている物もあります。作品は一点ずつ手作りの為、同じデザインでも全て異なった表情をしています。

◆ベネチアングラスの代表的な道具

ベネチアングラスは一点ずつ熟練した職人の手によって手吹きされています。

ここでは手吹きガラスに必要な代表的な道具を3つ紹介します(簡単な形状のものならこの3つの道具で作ることが可能)。

・吹き竿

吹きガラスを作るときに必ず必要な道具です。ガラス種の巻き取りやガラスに息を吹き込むための竿で、

長さは約130cm前後、金属製で真ん中に息を吹き込むための穴が開いています。

・ポンテ竿

ガラスを吹いた後、その種を吹き竿からポンテ竿に移して(ポンテ取り)吹き口を整えます。

ベネチアングラスのコップやランプには、底にポンテ取りした跡が残っていて、ベネチアングラスの特徴の1つとなっています。

・ジャック(洋バシ)

大きなピンセットのような道具。ガラスの底を平らにしたり(パドルというコテを使用するときもある)、形を整えるのに使います。

ベネチアングラスの商標(ヴェトロ・アルティスティコ・ムラーノ)にもこの道具が描かれています。


ステンドグラスの編

■ステンドグラスの歴史

フランスで一番古いものは、フランスのストラスブルグにあるルーヴル・ノートルダム博物館にある

キリストと思われる人物のステンドグラスです。

ルーヴル・ノートルダム博物館 ■ルーヴル・ノートルダム博物館

11世紀頃から始まったステンドグラスの黄金期時代には、各地でさまざまなステンドグラスが作られ、

現在では世界遺産になっているものがあります。イギリスのカンタベリー地方に建てられた教会
[カンタベリー大聖堂1988年に世界文化遺産]

イギリスでは初めてとなるゴシック様式を取り入れたことでも有名です。

15世紀近くまでステンドグラスの黄金期は続きますが、この頃から次第に技法が変わってくるようになり、

色ガラスをはめ込むレディドグラスに替わり、絵柄を焼き付けるステンドグラスが主流になってきました。

写実的にモチーフを描写することが出来ました。

17世紀以降、とりわけ18世紀からは、ステンドグラスの冬とも言える時期が訪れ、ステンドグラスのテクニックや

発展は滞ってしまいます。

19世紀に入るとステンドグラスが力を取り戻し始め、ネオゴシック運動によって、再び中世の美術を重要視するようになり

次第にステンドグラス復興の兆しが現れました。ステンドグラスの材料になるガラスの質が良くなり、19世紀末、

もう一つの技法が開発されて平面のステンドグラスを立体にしコパーテープを巻き、接線のすべてを半田で

溶接することによりステンドグラスランプの作品が数多く生まれました。

◆ティファニーランプ

発明王トーマス=エジソンのアドバイスにより、ルイス・C・ティファニー(1848〜1933)がランプを考案してから

約1世紀、乳白色を基調としたステンドグラスはいつしかティファニーランプと呼ばれ広く愛されていました。

芸術への造詣が深かったルイス・C・ティファニーは、若い頃からヨーロピアンアートに強い関心を示し、

特に教会のステンドグラスに魅了されます。これに端を発し、乳白色ガラス・濁色ガラスの製造技術を開発、

ティファニースタジオにて生産を始めるに至りました。ホワイトハウス、キューバ大統領宮殿、その他著名な建築物の

窓や天井の装飾を手掛ける一方、エジソンと共にランプを開発し好評を得たのです。
しかし、このステンドグラス作りはルイス・C・ティファニーのいわばライフワークのひとつでしたのでファミリービジネスとして

継承されることなく、彼の死去と共にティファニースタジオは閉鎖してしまいます。

やがてこの技術を受け継いだ職人たちにより、ティファニーランプがより手軽に楽しめるようになり、今現在に至っています。

◆ルイス・C・ティファニー(1848〜1933)アメリカ人

ルイス・カムフォート・ティファニーは、宝飾品や銀製品で有名なティファニー社の創業者の長男として生まれました。

陸軍士官学校を卒業した彼は、家業であるティファニー社に関わることを拒み画家になることを志します。

パリに遊学した彼の画家としての腕前はなかなかのものでしたが、芸術に対する情熱はやがて絵画よりもガラス工芸に

強く惹かれていくことになります。27歳の頃にブルックリンのガラス製造場3年間で働いた後、父親の潤沢な資金の基、

友人たちと最初のガラス製造所を立ち上げ共同経営します。しかし、突然の不幸が彼をおそいます。

12年間連れ添った最愛の妻であるメアリが亡くなってしまったのです。失意のどん底の彼は、妻の死を忘れようと、

より一層ガラス工芸に没頭し、共同経営していたガラス製造所を解体、新しく個人の工房である“ティファニースタジオ”

をニューヨークに起こします。

その後再婚した彼は精力的に作品を生み出していきます。ティファニースタジオで制作された作品の完成度の高さから、

彼はアメリカを代表するアールヌーヴォー期の芸術家として世界中に名を轟かせました。
1900年のパリ万国博覧会においては100点以上の作品を出品し、名誉あるレジオン・ドヌール勲章を授与され、

彼の名声は不動のものとなりました。1933年に85歳で生涯を閉じるまでに生み出された作品は、現在でも非常に

価値のあるものとして多くの人々の目を楽しせています。

ステンドグラスの技法

■ダルドヴェール
上記2つの技法はガラスの厚みが約3mm前後ですが、この技法ではダルグラス[キャストグラス・スラブガラスとも]と

呼ばれる25mm〜30mmの超厚板ガラスを使用します。ピースの間を珪砂などを入れたモルタル状のエポキシ樹脂で

埋めパネルにします。ガラスとガラスの間が線巾となります。構造上、重くなるので、一枚のパネルのサイズには制限があり、

曲線の表現には限界があります。

強度が強く、補強なども比較的容易なので教会や公共施設の窓にも採用されてきました。

■ティファニー

アメリカで生まれた技法。

ルイス・C・ティファニー氏が、アートの勉強でパリを訪れて、ガラス工芸に強く惹かれて、中世のステンドグラスに出会い、

アメリカに帰国し、1878年に新しく個人の工房である“ティファニースタジオ”を開設しました。

ガラスピースの周囲にコパーテープ(銅箔に粘着材がコーティングされたテープ)を巻き、接線のすべてを半田で

溶接しガラスピース同士が一体化します。平面パネルはもちろん、立体型を使用すれば曲面の立体も作れます。
(ティファニーランプなど)

この技法は、ティファニーのランプなどで知られ、日本でも今日ステンドグラスといえば、このコパーテープを用いたものを

想像される方が多いようです。

■フュージング

ベースになるガラスの上に、カットしたガラスピースを熱を加えて融着するテクニックです。

テクニックとしては紀元前からあるものですが、1920年〜30年ごろのアールデコ運動によって再発見され、

アメリカでも広く使われたたテクニックです。

■テルモフォーマージュ

熱を加えてガラスを曲げたりして、形を変形させる技法です。

フュージング技法と組み合わせて用いられることがあります。

ガラスの種類や厚みによって、適用する温度や熱の加え方が異なります。

建築物に取り付けるステンドグラス以外でも、プレート、アクセサリーなども制作することができます。

時計とランプの豆知識
ベネチアングラス掛け時計 キャンドルランプハウス ステンドグラスランプ
店長おススメ商品 リトアニア製ランプハウス セール会場
トップページ / お買い物のしかた / お支払いとお届け / 特定商品に基づく表示 /
店舗紹介・アクセス / プライバシーポリシー / サイトマップ / お問い合わせ
【お買い物のしかた】                   <詳細はこちら>
ご注文方法
【ホームページのショッピングカートから】
各商品下にある「注文する」ボタンをクリックの上、必要事項を入力しご注文下さい。
【ファックスによるご注文】
ファックスでのご注文をご希望の方は、先にお電話でお申し付け下さい。当店より専用の「注文書」をファックス致しますので、必要事項をご記入の上ご返信下さい。
【その他のご注文方法】
電話やeメールによるご注文をご希望の際は、お電話でお問い合わせ下さい。

お支払い方法
【クレジットカード決済】
ご利用頂けるカードは、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DC、Nicos、UFJカード、MUFGカードで、これらのロゴがプリントされているカードです。
ご利用可能なクレジットカード

【代金引換】
クロネコヤマト宅急便による便利な代金引換サービスです。
代引き手数料はお客様負担です。
代引き手数料
1万円未満 324円
1万円〜3万円未満 432円
3万円〜10万円未満 648円
10万円〜30万円未満 1,080円
※ご利用限度額は、送料を含む全額が30万円以下です。
※配達日の指定は、ご注文日から14日以内とし、14日を越えての指定の場合は、お代金は前払いで頂戴致します。 ※一部地域でご利用頂けません。
クロネコヤマト宅急便コレクト

【銀行振り込み・先払い】
銀行振り込みをご希望の際は、ご注文頂いた後、振込先銀行の詳細をメールでお知らせ致しますので、指定期日までにお支払い下さい。振り込み手数料は、お客様負担です。

【郵便払込み・先払い】
郵便払込みをご希望の際は、ご注文頂いた後、振込先口座の詳細をメールでお知らせ致しますので、指定期日までにお支払い下さい。振り込み手数料は、お客様負担です。郵便振替は、入金確認に3営業日程度掛かります。お急ぎの際は、他のお支払い方法をおすすめ致します。
【お支払いとお届け】                   <詳細はこちら>
■お届け
【運送業者】
ランパデール契約運送業者のクロネコヤマト宅急便でお届け致します。
クロネコヤマト宅急便

【送料】
全国一律料金 800円

※北海道・沖縄・離島・一部地域は追加送料がかかります。
※複数ご注文頂いた商品の送り先が同一場合は送料一律料金800円
ですが、お届け先が異なる場合は送り先1件につき送料800円が発生致します。



【お届けまでの日数と配達指定】
お届けまでの日数は、お支払い方法により異なりますが、1週間程度が目安です。配達日の指定は承りますす。ただし、準備の都合や出荷の混雑状況によりご希望に副えない場合がありますので、予めご了承下さい。


 クロネコ便・・・午前
          14時〜16時
          16時〜18時
          18時〜20時
          19時〜21時


その他詳しいお取引方法は、こちらをご覧下さい。
        −特定商取引法による表示ー
カテゴリキーワード一覧
■時計(掛け時計 置時計
 掛け時計置時計インテリア掛け時計インテリアデザイン掛け時計モダンインテリア掛け時計インテリアクロック
 ベネチアングラス製置時計ベネチアングラス製掛け時計グラスデザイン掛け時計モダンデザイン掛け時計イタリアンモダン掛け時計
 パウダーストーン置時計パウダーストーン掛け時計デザイン掛け時計ガラス製掛け時計ガラス製置時計スチール製掛け時計
 スチール製置時計ハンドメイド掛け時計ハンドメイド置時計ユニーク掛け時計ユニーク置時計イタリアンモダンクロック
 シンプルモダンクロックイタリア製掛け時計壁掛け時計
■ランプ 照明
 ステンドグラスランプティファニーランプステンドグラステーブルランプステンドグラスシーリングランプフロアスタンドランプ
 ベネチアングラスランプベネチアングラステーブルランプベネチアングラスシーリングランプベネチアングラスシャンデリア
 ムラーノグラスシーリングランプムラーノグラステーブルランプ陶器ランプ
時計とランプの専門店
ランパデール
京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町619-1
info@lampadaire.me
TEL 075-351-2509
WEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物または一部を弊社の許可なく複製、使用することを一切禁じます。
Copyrightc2010 lampadaire co,ltd All Rights Reserved.